あつしの母校にエグザイルが登場!


人気グループ、エグザイル(EXILE)が、昨年9月に加入したボーカル、たかひろ(takahiro)の母校である長崎県佐世保市の県立佐世保東翔高校の卒業式に飛び入り参加し、サプライズライブを行いた。
式典終了後の体育館で、まずは平成16年3月に同校を卒業したたかひろ(takahiro)が1人で舞台に登壇。事前に知らされていない卒業生200人を含む約600人の全校生徒からはどよめきと歓声が起きた。

たかひろ(takahiro)は「この東翔での思い出を大切に素直に生きていってほしいと思う」とあいさつ。続けてメンバー全員が舞台袖から姿を見せると、体育館はライブ会場と化したそうだ。

熱気に包まれる中、エグザイル(EXILE)初の卒業ソング「道」など3曲を披露。わずか15分のステージだったそうだが、感動のあまり泣き出す生徒が続出し、たかひろ(takahiro)も「まさか自分の母校にエグザイル(EXILE)が来るなんて。僕が一番喜んでる」と大感激だったようだ。リーダーのHIRO(37)も「高校生の目が輝いててこの毒々しい俺たちも洗浄された」と感動していた。
自分の母校に大好きなアーティストがくるなんて、想像しただけでも感激だよね。羨ましいと思う。