エグザイル風?動画の作り方


エグザイル動画が人気だが、動画投稿サイトにもたくさんの素人さん作成動画が投稿されている。

エグザイルのPVやテレビ映像などを動画にしてアップロードするのは、著作権違反になるが、そうならない動画投稿の仕方もある。

それは、自分達がエグザイルになり切って動画を作成し、オリジナル動画として投稿することだ。

Youtubeなどの動画投稿サイトを見ると、カラオケ店などでエグザイルの歌を歌いながらみんなで踊っている動画がたくさんアップされている。

もっと凝っているのは、エグザイルの格好や振り付けまでちゃんとマネをして、カラオケ店だけでなく外でのロケまでやっている人たちもいる。1曲の長さは5分程度なので、動画を撮るにも立派なビデオカメラではなく、携帯電話やデジカメなどでも作成することができるので、あまり気張らずにサークル仲間などで撮影すると良いろう。

エグザイルの投稿動画で多いのは?


エグザイル動画を投稿サイトで探すと、Youtubeだけでも8800くらいヒットする。さすがに全部チェックするのは難しいので、まずは何とか300ぐらいを見てみた。

やはり多いのは人気のある曲に関する動画で、Lovers Againや時の描片、道といったあたりが目立ちます。Choo Choo TRAINの動画も多いね。

動画のタイプとしては、著作権がうるさくなってきたこともあり、公式のPV映像は少なくなってきているようだ。
エグザイルの本物が出てくる動画としては、テレビ番組の映像から撮った動画も多く、その中でも「めちゃイケ」の動画が面白い。

その他には、エグザイルの歌をカラオケで歌っているところを携帯とかで動画にしてその映像をYoutubeに投稿しているものも多いし、子供のイベントで親がエグザイルのマネをしているとか、忘年会や新年会の余興でエグザイルをしている動画もある。
Youtubeはやっぱり面白いね。

エグザイルの動画が多いサイト


エグザイル動画は、あちこちの動画投稿サイトで見ることがでくるが、PVなどのちゃんとした動画は、PV専門に集めた動画紹介サイトを利用したりしている。

私が良く使う動画サイトは、良く見ると個人がブログのシステムを使ってミュージッククリップを歌手別に紹介しているサイトだ。
一見すると、全くブログとは気がつかず、しっかり作り込んだ動画紹介サイトに見えるからすごいと思う。

こういったサイトに出ているエグザイルの動画や他のアーチストの動画は、このサイト管理者が作ったのではなく、YoutubeやDailymotionなどの動画投稿サイトにある動画を貼り付けてある。これだと、自分で作る部分は少ないのでサイト作りはしやすいかもしれない。

エグザイルだけでなく、いろいろな歌手のPVを探したい人は、こういったPV紹介サイトが便利だ。

単なる動画投稿サイトだと「エグザイル」と検索してもPVだけでなく個人のカラオケ映像やテレビの映像などいらないものまで出てきてしまう。

エグザイルの面白動画


エグザイル動画をyoutubeとかで探すと、PVの他に個人が作ったらしい面白動画がたくさんヒットする。

私は良くエグザイルの動画をyoutubeで見るのだが、「これはエグザイルの良さそうな動画かも??」と思ってクリックすると、エグザイルの歌をカラオケで歌っている素人さんだったりしてガックリする。

でもそういった映像も結構面白いものだ。中には本当に歌の上手な人もいる。

その他には、結婚式や宴会の余興でエグザイルを真似している動画とか、その練習中の動画まで出てくる。勝手にシリーズ化している人たちまでいて、エンタティナーなのか単なるヒマなのかはわかりない。

さて、そういった余興で使われるエグザイルの曲で一番多いのはどの曲だかわかりますか?
実は「Choo Choo TRAIN」なのだ。

やっぱりオープニングのエグザイルウェーヴ?が盛り上がるからなんだろうね。ちなみにカラオケだと「lovers again」が人気のようだ。

エグザイルの動画を探す


エグザイル動画は、インターネットで検索するとたくさん出てくる。

私が良く使うのはやはりyoutubeだ。

youtubeで「エグザイル」と検索したら100以上の動画がヒットした。エグザイルのPVをそのままアップロードしている動画もあるし、テレビの歌番組で出演したエグザイルの様子を録画して投稿した動画もある。
ちなみに「EXILE」と入れて検索し直すと、なんと8800も動画がヒット!これは全部チェックできない。

この前検索した時に一番最初に出てきた動画は、「エグザイル lovers again ボーカルバトルオーディション~ファイナリスト〜」という動画だった。これは、新しいボーカリストをオーディションで選んだ時の公開映像だ。さすがにファイナリストの人たちはみんな歌が上手くて、「みんなプロになれそうじゃん」と思うが、目立つボーカリストというポジションを考えると、ルックスも兼ね備えたTAKAHIROがやっぱり1番だろうね。